11月26日(日)

V.d,V貴族と羽生ちゃんの2人がやってきて「さがみ」でワインを2本飲んだら、夜勤中にゲロ吐いた(歴史上3回目)。

ところで、11月22日付けのV.d.V貴族のとこの日記を読んだ人はお分かりでしょうが、実に大変なことが起こってしまいました。貴族、U介、トランス竹内、とくちゃん達が行った井上鑑&デヴィッド・ローズのライブにサイコラVo.アル中長田が何と女連れで現れたそーなのだ!
アル中長田といえば仲間内ではセーラームーン深田と並んで 最後の童貞(推定)の名をほしいままにした2大巨頭のひとり。こいつは大事件と言っていいでしょう。
本日以降、この事件については警官120人態勢にて詳しく調査し、ご覧のストレートニュースのチャンネルにてわたくし三上博史が逐一お伝えしていきます。

11月24日(金)

SONYとHONDAが人型2足歩行ロボットの新作を発表。かなりリアルな動き。しかし、私はむしろ、NHKでやってた熟練職人の技をロボットに継がせる話の、作業着着た眼鏡のおっさんが熱くハイテクを語る姿の方が面白く感じる。
リドリー・スコット監督の「エイリアン」が撮られた昔、あの映画の何が新しかったかというと、それまでのSF映画では宇宙船に乗っていたのは科学者などの上流階級層・識者ばかりだった。「エイリアン」が労働者階級を宇宙に連れ出したのだ。選ばれしエリートしか宇宙に行けないのは宇宙時代にとってまだ幼年期だ。「エイリアン」はもっと成熟した時代を描いたのである。
2足歩行ロボットも結構だが、私はロボットの為の形態、ロボットの為の足の数が知りたい。難しいと言われる2足歩行の再現ばかりに気をとられる事は、むしろ彼らの進化を妨げることになりはすまいか。

11月23日(木)

現代日本を代表する女子高生文化「援助交際」、 韓国を席巻。例によって「売春だとは思わないんですか?」とか質問してたが、実は援交は売春じゃない。何故かというと、「ウリはやんない」女子高生とデートだけしておこずかいをあげるオヤジが現実に存在するからである。そしてテレクラやインターネットを城にしてるだけに、女子高生の方にも選ぶ権利がある。援交であれだけの男が捕まるのは携帯の番号を相手に教えているからだ。つまり2回以上会う可能性が高い(少なくとも教えた男の方はそれを希望している。)という事を意味する。これは単なる売春ではなく、その昔流行った 「愛人バンク」だ。個人でやってるだけで(そうじゃないのもいるし。)。
なんで女子高生なのかというのもロリコンブームとかいって男の嗜好のせいばかりにしがちですが、成人女性に何か問題があるのでは。女子高生、なんだかんだいってもまだ子供。 お金がかからない。今時のブランド狂いの女子大生やキャバクラの姉ちゃんを愛人にしようと思ったら、サラリーマンの給料じゃとても無理。女子高生なら2、3万もやりゃ大喜び。
女子高生と付き合いたい男と、エッチしてもいいタイプの人にお小遣いももらえたらラッキーだな、という高校生。お互いのニーズが電話やインターネットの発達によって迅速かつ効率的につながるようになり、大きな市場を生み出した。これはe−コマースですよ、はっきり言って。日本のビジネスモデルが韓国に流出したわけですよ。特許料取れ。

11月22日(水)

PAFFYがCMしてるSOTECのAFiNA Style。デザインが強烈にカッコ悪いと批判ばかりしていて良いものか?Celeron700MhzのHDD30GB積んでて13万8000円という爆安もさることながら、このマシンの一番の 笑い所は言うまでもなくTVの他に FMラジオチューナーが付いているという点だ。
かさむパソコン関連費、通信費に生活が圧迫されていると言われ続けているが、携帯と家の電話の両方の基本料金を払い続け、オンラインマニュアルを読むのにも、「回線が混雑しています」と言われてる最中も、携帯で終電の時間を調べている最中も、留守電メッセージを聞くのにすら電話代を垂れ流し続けているのが我々の生活である。
思えばTVもラジオもタダだった。金が無かった私達はラジオをテープに録音して(今は亡きエアチェックというやつだ。)さらに友達にダビングしたものだ。そのもうちょっと前はラジカセにマイクが付いていて、TVのスピーカーから流れるピンクレディーを マイクで直録りしてた。
SOTECがパソコンにFMラジオを付けたというのは、「音楽をタダで手に入れろ。」という意味だ。例えば音楽業界もAV機器メーカーもゲーム業界もやってるSONYは、音楽やゲームのネット配信やらビデオカメラ付きVAIOノートによる個人の放送局というコンセプトやらを打ち出して、次々と新しい出費を我々に呼びかける。しかしSOTECは逆だ。パソコン自体が高価なのだから買った後は他のお金がかからないようになるのが自然だ、と言っている。SOTECの社長の 基調講演をぜひ聞きたい

11月18日(土)

K介さんの結婚式2次会、人少ないんですけど・・・。
しかしイスズいちのかみさん、かわいすぎ。2000年ウーマン・オブ・ザ・イヤーに決定。

11月16日(木)

すでに12月前半まで休みが無い事が決定。我ながら生活が病んでいると思う。例年のパターンでいくと11月の半ばには仕事が一段落つくはずだったのに今年は異常だ。やはり20世紀最後の年が原因か?ってことは来年も忙しいのか?

11月11日(土)

パチンコ参号のHPのURL入手。暦ちゃんのイラストがかわいい。歌詞も読める。リンク張ってる暦ちゃん母のHPがかなり面白い。ながちゃんとこで、てっちゃんのHPも入手。全部リンクしました。しかも無許可。

何か、カウンターの進みがやたら早い。「今日はさすがに更新してるだろー」、という事か。

11月10日(金)

K介さんが結婚するそうだ。11月18日(土)18:30から元町のTVK角の横道を川から離れる方向に行くと右側にある異人館とかいうとこで飲み会をやるらしい。深田から来たお知らせメールが化けてて読めないとお嘆きの貴兄のために。

私は行く事にしました。脱いでいいそうなので、みなさんもぜひ参加。特に学祭に来てなかったKむらよしやす(モンデール元副首相)、ガキを自慢しに田舎に帰ってた早川、性病あがりのちづる、は是が非でも参加。

11月9日(木)

飯島愛本売れてるなー。いかにも人生凄そうだもんなー。日本一お●こ(関西弁)の汚い女で有名になって今やそこそこビッグネーム。今街に溢れている、ボ●(九州弁)を粗末にして後々後悔するかも知れない女子達のアイデンティティを守れ。頑張れ飯島愛。

11月8日(水)

ホタルイカ食いてえー。

フィールエッジやっちゃったなー。CMに梅宮アンナ起用とは。会社立ち上げてから一度も黒字になった事ないんじゃなかったのかい、DDIポケッツ。本当につぶれちゃうよ。あ、今はKDDIだからいいのか。
梅宮アンナとか浜崎あゆみとか、どー考えてもブスなんですけど何でTV出てるんでしょうか?羽賀健二&梅宮アンナが付き合った事で株をあげて儲けたのは羽賀の方でなくアンナだろ、あんな奴何の取り柄があるんだ?羽賀は一応 いいとも青年隊だぞ、と昔ナンシー関が書いてました。全くその通りだと思う。

その他最近TVで観るとイヤな気持ちになる人。高橋克典、若乃花。逆に好きなCM。キングコモディティ証券(あずさみちよ)、萬成プライムキャピタル証券(三田明)。

11月7日(火)

重信房子は何故親指立てるのか?イエーイ。(by高嶋忠男。鬱病。)

巨人の優勝パレードですって。エンセン井上くんの作った法則、「巨人ファンはバカではないかも知れないが、バカは大体巨人ファンである。」に一票。

11月6日(月)

今日からまた殺人的な忙しさのスタート。日記が途切れがちになるかも知れんけどよろしく。

11月5日(日)

PRIDE11つまんなかったなあ、いまいち。珍しくつまんないマッチメイクだったし。桜庭が強いのは実証されたが。次の12月23日は凄そうだ。ハイアンも出るらしい。

しかし、昨日の記憶が全く無い。1次会の途中から。全裸で上大岡の公道を歩いてたらしいが。

11月4日(土)

昨日の山田太一の「小さな駅で降りる」の再放送、面白かったなあ。さすが私を 前田亜季ファンにしたドラマ。あ、いかんいかん。

今日は学園祭のOBタイム飲み会に行きます。みなさんお会いしましょうぞ。そして杯を交わしましょうぞ。

11月3日(金)

面白くないと、nulllちんにも評判の「スターゲイト」鑑賞中。確かに 巨大グモの方が面白かったような・・。よーし、間髪入れずに「ウォーターワールド」いくかあ!?今期待してるのは「スペース カウボーイズ」です。みなさん観ましょう。深作の「バトルロワイヤル」はどーですかねー。

VAIO帰ってきたよ。データ消されて。次はウィンドウズを買うべきかマックを買うべきか、それが問題だ。まあ、SONYとはさようならだな。

11月2日(木)

井川遥は2000年アサヒビールのキャンギャルをやっていたが為に、アサヒビールのサイトに行くと無茶苦茶エンガッツィオな画像が大量に落ちている。さすがビール会社は雑誌広告や店頭に貼るポスターでかなりの写真を撮っているのだなあ。あ、いかんいかん。なんか ピンキーのペースに乗せられてアイドルページみたいな事書いてる。

ところでピンキー、お台場にSONYのゲーセンみたいなのができた時、週に1回ぐらい不定期に 品田ゆいが現れるとゆっていたのだが、あれはまだ実行されているのでしょうか。あ、いかんいかん。

11月1日(水)

「さわやか」の罠。

中高年齢のおばさんは若い男を評価する時に「爽やか」な好青年っぽさを重視するようである。以前昼間ジャストを観ていたらおばさんタレント2人が街のカップルのチャラチャラした恰好の彼氏を床屋や服屋に連れてって改造する企画で、予想された事ではあったが 「中井貴一みたいな髪型にしなさいよ」(死刑宣告)と言っていた。よくおばさんがそう言うのを耳にするのだが、しかし私は問いたい。中井貴一(携帯忠臣蔵)は果たして爽やかなのか?と。
スポーツマンは爽やかというイメージがあるようだが、そこを狙って起用された2人の食いしん坊、山下真司と松岡修三。この2人は果たして爽やかか?宍戸開に高嶋兄。爽やかか?国会議員の森田健作。爽やかか?みんな濃くないか?キャラ的に。どーなってるんだ、おばさんの、そしてマスコミの感覚は。
そんな時、位置的にその人達の中にありながら爽やかさをキープしていると私が思うのがケイン・コスギなのである。最近じゃ筋肉番付以外にポンキッキーズにも出てるし、 親父が忍者という血筋にさえ目をつむれば、ケインはバラエティにあっても「爽やか」砦の生き残りではなかろうか。がんばれ、ケイン。

HOME