4月30日(水)

かなり久しぶりに釘を踏み抜いた。帰る途中有楽町辺りで死ぬほど痛くなり始め、横浜に着く頃には歩けなくなっていた。明日以降も激務が続くのに、こりゃあまいった。しかし脚引きずってでも行くぞ。マゾだから。

4月29日(火)

ゲームと漫画本を大量に売った。ゲームは出たばっかりのヤツじゃないと大した金にならん。

漫画は、松本大洋作品群の初版と手塚治作品集は高く売れる、とは言っておこう。

4月28日(月)

昨日の続きでAirH"の解約をしようと電話してみる。色んな案内を長々と聞いた後、最後にそれ以外の方はオペレーターが出るから0番を押してくれという項目が増えていた。それか。オペレーターの女子に解約を申し出た。解約書類送ってくれと。

さよならAirH"。

4月27日(日)

上大岡のDDI Pocket代理店にAirH"の解約に行く。店員の女子に、DDIにまず電話して解約葉書を送ってもらってから、それを持って来て下さいと言われる。なんじゃそりゃ。マシンそのもの持ってきてるんだからいーだろーに。昔NTTパーソナルのピッチとDocomoの携帯を解約した事あるけど、店にわざわざ行ってて解約できなかった事なんてないぞ。第一それでは郵送してもらってる間の基本料金日割りが加算されてしまうではないか。

それはプッシュ信号でピピッと選択するやつですか?と問うとそうだというので家に帰って早速電話してみた。選択項目を録音されたナビゲーターが喋るのだが、何番だかさっぱり分からん。どうやら夕方5時を過ぎると受け付けられる選択肢が減るらしいのだ。つーかこれ電話代かかってるのかな。

4月26日(土)

本日、かわい嬢の誕生日。大変めでたい。

4月24日(木)

あべ408とはやしカンのユニットtaikoronicaのライブ。白楽のバーBOYOSYA。演奏後は司会者とのトークも。ラジオ放送してるんだって。東白楽から六角橋商店街の入り口に向かっていく途中の右側浜銀の角入ってすぐ。こんなとこにこんな店があろうとは。つゆ知らず。

4月22日(火)

SMF(セーラーマーズ深田)から借りた「ピクミン」をやってみる。ぐわわっ、なんじゃこの面白さわっ!
天才か。やはり天才なのか宮本茂!PS2とかX−BOXやってる場合でわないですばい諸君!

4月20日(日)

トリコさんのライブを観に丸亀からダッシュで帰る。貴族のデジカメで写真をとり、MDで録音し、あまつさえビデオカメラで撮影もしてしまう。お宝ゲット。

4月19日(土)

本日の晩飯は宇多津ビブレ近くの回転寿司「小松寿司」。すぐ近くの大ネタの回転寿司が20組以上のウェイティングだったのに、ここはガラガラ。しかも皿の上に例のプラスチックのカバーが被っているではないか。前にテレ東で回転寿司に詳しいライターが「乾燥を防ぐためのカバーが被ってる店はヤバイ」と言っていたのでちょいビビリがちに入る。とりあえず皿を取って蓋はずして食ってみたら、見た目相当美味そうな海老とイカ。これが食うと実際かなり美味い。うーんやばいな地方は。

4月18日(金)

本日は丸亀港そばの「一徳」で晩飯。カウンター目の前が広い生け簀になっており。そこから上げられた魚が次々と皿に出てくる。当然美味い。タコとか異常に美味い。チヌ飯も美味い。

4月17日(木)

本日から実家に帰省。百年ぶりに新幹線に乗る。しかも奮発して「のぞみ」初体験。別に止まる駅も同じ数だし、車内がジャスゴーなわけでも売り子のスカートが短いわけでもなく、¥1300高い理由が分からんかった。まあ新横浜に到着して3分後の列車に乗れたからいいか。

本日の昼飯は、実家に帰ると必ず食う「きらく」のラーメン(ええぶん¥350)、ギョーザ(¥350)、とりめし(¥350)。私が高校の頃より¥50〜¥100程値上げしてる。が、 ここのギョーザは日本一美味いのでしょうがない。

実家で「ギフト」(サム・ライミ)を親父と観る。ケート・ブランシェットめちゃ綺麗。

4月11日(金)

FUNとマシューTVにZONEが出ていた。

ZONEの本当に凄いところは、「SECRET BASE」という名曲をヒットさせた事ではなく、2曲ぐらい名曲を放つと、また元に戻れてしまうところだ。アトムの主題歌ちょっと弱すぎんなー。売れないぞこれ。

4月8日(火)

私はアメリカ人が昔から大嫌いだ。実際ブッシュのやってる事はどーしても理解できないが、金正日は全く理解できる。私が一国の独裁者だったら、ゴジラのスタッフ丸ごと呼んで「プルガサリ」撮ったり、喜び組作るに決まってる。だって自分の喜び組に井川遥や夏川結衣や黒木瞳や小西真奈美や伊東美咲やハセキョーが全部いるんだよ?男の夢だってそれ。国中の13才くらいからの少女に芸能プロダクション並みに目を光らせて、これはイケルと思ったら喜び組に入れて、近江牛育てるみたいに磨き上げるわけよ。んで美しく育った妾を女優にしたり、美しく育った女優を妾にしたりするわけだ。まさに地上の楽園。嘘じゃなかったんだ。ただ一人にとってだけだっただけで。

ごく普通じゃん人として。どこが悪の枢軸?どこ?

4月7日(月)

鉄腕アトムの第一話を見逃す。くそう、まさか昨日の朝の番組だったとは。何んで誕生日の今日スタートしない?何故こんな重要な番組が日曜の朝?てっきりゴールデンかと。理解できん、フジテレビ。

4月6日(日)

藤村俊二の功績。

エンヤーコラヤッ、どっこいしゃんしゃんコーラヤッ、というドリフの振り付けを考えたのはおひょいさんだ。当時は振付師だったらしい。もともと「ドリフターズ・ドン!」という「8時だよ!全員集合」以前の番組での振り付けなんだって。

レナウン「イエイエ」の振り付けもおひょいさんの作品だ。

ちなみになぜ”おひょいさん”かというと、ひょいっとどっかにいなくなるからだそうだ。

4月5日(土)

本日36歳の誕生日。従って練馬区から帰ってきても慶興出勤。貴族、ちづる、ちえちゃん、付き合ってくれてありがとう。

4月4日(金)

玩具会社ツクダ死す。合掌。

イラク戦争の合成写真を作って新聞1面、判明したカメラマン首に。

LIFEのCM、クボヅカに続いて広末涼子。”ヒロスエの素を見せます”。もちろん監督は岩井俊二。ツラい。辛いの売りにしてるのかLIFE?なかなか深い趣味だ。

4月3日(木)

全裸治療院という商売があるので気をつけて下さい。

「女刑事RIKO 聖母の深き淵」観る。噂には聞いていたが、すげえ面白い。観るべし。

主演の滝沢良子を知ったのは学生時代に私だけが騒いでいた 「シチリアの龍舌蘭」だった。豊悦&武田真二の「NIGHT-HEAD」や、椎名桔平&山本未来の「BLACK OUT」(←超面白い)と同じ深夜枠にフジが放送したもの。「NIGHT」は見てないけど「七瀬ふたたび」みたいな超能力もの、「BLACK」は「怪奇大作戦」オマージュと、恋だの愛だのゆってSFドラマの絶えた知能指数の低いTV界には久しぶりの貴重なプログラムだった。

この「シチリアの龍舌蘭」、何と当時の日本の技術をして、人物以外、背景もメカ類もすべてCGという、 あまりにも早過ぎて誰も観ていない壮絶な番組だった。また話がなかなか進まなくてタルいんだこれが。グギョグギョボゴボゴと気色の悪い効果音ばかりが目立って、ブルーバックの前で演技させられているのがスターウォーズのように痛々しい舞台系の出演者達が哀れだった。何でこれを見始めたかというと、主役の滅茶苦茶かわいい女優が シュミーズ姿でロープに縛られているのを観たからという事をここで白状しなければなるまい。話が進まないので何週にも渡ってシュミーズ緊縛姿なのだ。が、話が進むと警察みたいな役の滝沢良子の凛としたカッコ良さに惹かれてしまった。

この人良い!と思ったら、次に石井聰互の復活作品「エンジェル・ダスト」(←大傑作)。「女刑事RIKO」。そして「アギト」と 私に向かって一直線。ストレンジラボオフィシャル応援女優の一人だす。

4月2日(水)

テレ東昼「いつも心に太陽を」(1967英)。知的で冷静なインテリ、シドニーポワチエが閉鎖社会や黒人差別などに苦しみながらダメ生徒のクラスを一つにまとめていくという、「真夜中の走査線」の刑事を学校の先生に置き換えただけの映画なのだが、何故か結構良い。シドニー・ポワチエ恐るべし。

4月1日(火)

勿論冗談。エイプリルフールだからね(by小泉)。

テレ東昼「グリーンフィンガーズ」(1967英)。塀の中の懲りない面々が ガーデニングに目覚めて、女王陛下の庭師大会に参加を目指すという、ものごっつい映画。奇抜過ぎるアイデアのせいか結構観てしまう。

HOME