5月21日(土)

第3回まるがめ詣でat慶興。奥が予約で一杯の為、カウンターと店の外に人が溢れた状態での開催。
またまたすみません、マスター。

5月17日(火)

「おばあちゃんの家」 監督・脚本:イ・ジョンヒャン (「美術館の隣の動物園」)
100点。
痛いのだ。観てる最中、ずっと自分の胸が痛い。
都会育ちの我儘小僧と、おばあちゃんを見て泣いてるだけではない。
サンウ、おまえは俺だ。
取り返しのつかない自分を見せつけられる映画だ。涙が止まらない。

「初恋のきた道」 監督:チャン・イーモウ (「紅いコーリャン」「あの子をさがして」「HERO」)
90点。
好きな人に食べてもらいたくて、精一杯美味しい食事を作る。その湯気だけで、たまらなく切ない思いが鼻腔から体内へと入ってくる。泣いてもいいですか。
つーか、邦題で既に泣きそう。(原題:私的父親母親、英題:THE ROAD HOME)近頃カタカナにしただけの手抜き邦題が殆どだけど、こういう、映画の価値が上がるような邦題を頑張ってつけて欲しい。
通常の映画に見られる、時間の流れを説明的に追うような部分を大胆にも全部カットして、始まりと終わりだけにしてある。それがまた涙を誘う。

「運動靴と赤い金魚」 監督:マジッド・マジディ (「バダック 砂漠の少年」「太陽は、僕の瞳」)
95点。
こうくるのか。まいったな、くそー。子供目線で日常の冒険を描く見事な脚本。妹の走る姿がかわいすぎ。
「初恋のきた道」もチャン・ツィイーの走る姿が印象的な映画だが、人は何故走るのか、をすっかり走る事が無くなった生活の中で、振り返らされる。私には走る理由が無くなってしまったのか。

「ヴァン・ヘルシング」 監督・脚本・製作:スティーブン・ソマーズ(「ハムナプトラ」「ザ・グリード」)
5点。
話の筋は結構面白いと思うんだけど、何故か映画は面白くない。どんなに放り投げられても、落ちても怪我しないので、どーでもいい気分になって煙草に火をつけてしまう。さっき死ななかったのに何故今死んだのかが理解できない。映画自体が感情移入を拒んでいるのだ。この映画に限ったことじゃないけど。

この流れで観てしまうと、大音量の音楽がドカンドカン映画館内をビビらせるだけのハリウッド映画ってのは、一体何なんだろう、と思う。

5月16日(月)

ちっちゃい頃、こんな夢を見た。小遣い持って駄菓子屋に行ったら、ババアが言うには、あら、国の命令で、お金は昨日からさつまいもになったのよ。商店街の表を振り返ってみると、人々が急ぎ足でさつまいもをリヤカーに乗せて運んでいた。我が家でも親戚からさつまいもを分けてもらうのにてんやわんや。農家が一番金持ちになっていた。次の日、さつまいもを持って駄菓子屋に行くと、ババアが、あら、今日からはタマネギになったのよ。

古いけど、フジテレビ買収しようとした事件。ライブドアの社長が、どーも関西弁のゲテモノAV男優山本竜二(何とアラカンの親戚!)にしか見えず、まして若い頃の長髪アキバくんルックを見せられた日にゃあ、こんなニュース見たくもないって気になりますが、時間外取引だか、30%だか、ホワイトナイトだか、リーマンなにがしだか知りませんが、そんなシュミレーションロールプレイングみたいな事言ってる時点で、我々がマトリックスの住人であることの証明なわけだ。「土地」ではなく、「地図」の上に暮らしている。

「マトリックス」とは、「回路網」「行列」「子宮」「母型」「鋳型」の意味。

ディックに「シミュラクラ」ってのがある。フィリップ・K・ディックの全作品通してのテーマ、「まがいもの文化」の事だ。

思想家ボードリヤールが言うところの「シミュラークル」は「オリジナル無きコピー」を意味する。コピーのコピーだ。
もしくは、「オリジナル」なんてもともと無かったのだ。

使われている言語を採集して作られた辞書を、絶対ルール視する学者。「よさこい」だの「おわら風の盆」だの、よその土地の祭りの名で創作ダンスを踊る人々。入れてもないのに、女性が大声をあげて感じたり、ピストン運動や体位のチェンジばかりを繰り返すAVを見てセックスに憧れる子供。学校に入るための教育をする学校。大昔、米だった財産は貨幣にコピーされ、それさえも今では動かず、現実には電気信号だけが移動する。その信号で、巨大な放送局が小さい会社の手に渡るわけだ。竹中経済相は言った。「誰も気付かないまま勘違いしつづければ、バブルは崩壊しなかった」と。我々はマトリックスに取り巻かれている。そして自分達が作ったシミュラークルに自分達が支配されている。

「ご主人様と呼べ。」「俺を好きになれ。好きにならなかったら殺す。」
平成ニッポンに少女監禁者が続出しているが、ソープに行ってパーッと三輪車でも四輪車でもすればいいじゃん、と考えがち。
ところがどっこい、彼らはリアルを求めているのだ。自分の住んでいる世界がマトリックスだとも知らずに。
「現実の砂漠」に彼らが求めているようなものは存在しないのだが、いちサラリーマンが100億稼ぐマトリックスならあるかも知れない。

「女子高校生誘拐飼育事件」の映画化「完全なる飼育」(のちにビデオでシリーズ化)を見たんだろうが、和田勉はあんな顔でマトリックスの住人なので気をつけてください。

ボードリヤールの「シミュラークルとシミュレーション」は「マトリックス」冒頭で、ネオが違法ソフトを隠していた本である。

5月15日(日)

ギルティ川崎ライブ。U介、貴族(王子)、まつなぎ&メル妻、森よ(青木さやかの師匠芸人にして、タカラの元副社長に「プリティ・ウーマン」扱いされた女)参加。

ちなみにプリティーウーマン扱いというのは、新入社員がエルメスのスカーフプレゼントされたり、企画部に回れたり、高級レストランを貸切って、店員がズラリと並ぶ店内に、たった2人きりで飯が食えたりすることです。

5月13日(金)

そーいや、獅童と竹内結子も3ヶ月だったな。

「タイガー&ドラゴン」第5話。最もパターンは崩していたし、リズムが悪かったけど、題材が凄い。やっさんが捕まったり、旦那の浮気で離婚してる夫婦漫才が、それをネタに笑いをとる姿を見ながら育ってきたが、どんな状況やねんと思っていた。
清水ミチコと古田新太の、ただ本音を言ってどついてるだけの漫才シーンの迫力に、グッときた。

このドラマ自体が古典噺の面白さを伝えるアレンジ。1話「芝浜」ではドラマの最後に下げを持ってきてユニゾンさせてたが、2話「饅頭怖い」は下げがあまりにも有名なため、下げを2度重ねて終わったのも上手い。その他の回では、途中既に下げが知らされている所をみると、あまり噺にはおんぶしたくないようだが。

西田敏行や安部サダヲ、荒川良々、銀粉蝶の類まれな芸が見れる番組でもある。木戸孝允の作ともいわれる「三千世界の鴉を殺し 主と添寝がしてみたい(あたしゃ朝寝がしてみたい)」、銀粉蝶のどどいつの美声が沁みる。

岡田君をシミケンと考えると、これは「ムー一族」でもある。尾美としのりは三木のり平であり、安部サダヲは樹木希林である。アフロにオーバーオールは、若き日の鶴瓶のコスプレであると同時に「おばけのロックンロール」「林檎殺人事件」を歌う時の樹木希林のかっこだ。
「タイガー&ドラゴン」と「アフリカのツメ」が合体したら、完全に久世光彦。

そして、抱かれたくない男No.1に選ばれた奴の悲哀、古典に対して消費される物を作る人間、決めギャグで笑うのを待つ客、夫婦どつき漫才の裏事情などを扱った、メディアや客に問うドラマでもある。

しかしやはり、脚本の凄さを味わえるドラマでもあるのだ。

スペシャル「俺、追い込まれた時とか、後で誰かに喋ること考えるんスよ。」
第1話「俺だってブスにブスとは言わねーよ。」
第2話「面白くても駄目なんだよ!女にとっちゃ面白さなんて、何の意味もねえーんだよ!」
第4話「男物のシャツってのはありゃあ、女が着るもんだな。」

などの名セリフのオンパレード。

次回はついに薬師丸ひろ子登場。しかも有名な遊郭噺「明烏」。楽しみ。あとは酒井若菜だけだ。

5月12日(木)

BSE牛国内18頭目。米牛輸入はおろか、国内の牛も、ナターシャ(ロシアの透視少女)に全頭検査してもらう事をおすすめする。

本日、サイトを引っ越しました。こんにちは。

実は去年の8月に、もうディレクトリ借りてたんだけど、死ぬほど忙しいのと、現プロバイダが6月までの契約なので、締め切りギリギリまで仕事をしないという、ホモ・サピエンスの特性によって、今日になってしまいました。
ま、4月で5周年ってことで。

ネット読みながら掲示板に初挑戦したら、Perl落としてhttpd落として、自パソサーバで動作確認しながら、
HTMLもろくに知らないのに、スタイルシートとCGIのお勉強、
アップしてパーミッション変えて、カウンター訂正、過去ログコピー、
新表紙作ってリンクの訂正個所多数、など時間かかってしまいました。
あ、申し訳ないすけど、ネスケやOperaは避けて、IEで見てください。

ADSL会社を変更してもURLが変わらないように、プロバイダじゃなくレンタルサーバを借りました。
「さくらインターネット」のレンタルサーバ・ライトコース。1500円/年額(初期費用1000円)(無料お試し2週間)、容量300MB。
ド安い!!つーかタダ同然。

sakuraのドメイン以外に、30種類からドメインを2個選べる。メールアドレスは好きなだけ作れる。
CGIマネージャー、ファイル管理マネージャーもウェブメールもアクセスログもとれる。商用利用も可。

ちなみに、やる気がある人は、1800円/年額で、空いてれば、ドメインを取得する事もできます。安。
うちはパックの選択ドメインですが。
いや、時代は変わりましたよ。マジで。やっぱwilcomか。

5月10日(火)

昨日から泊まってる海モッコ(治癒)と、まさよしと、龍作ことなっさんと、慶興に行く。

ストレンジラボも認める、家族揃っていい奴、乙葉さん(by竹ちゃん)とマシュー南が婚約。
私の青春、知世ちゃんはショックだったが、乙葉は相手がマシューだけに喜ばしい。

しかし竹ちゃんはショックだろう。
渡辺満里奈も、ポポスのふせはショックだろう。
お大事に。

5月7日(土)

慶興集合飲み。「汽車も電車も止めて〜」っていうくらい飲んだ。
参加者:U介&さゆり3姉妹、深田(金保)、ゆっきー、竹ちゃん、ダーク堀川、貴族。
牛テール、やばい。旨いにもほどがある。

< シリーズ 新明解ストレンジラボ >

【 〜のほう 】

「お待たせしました。こちらコーヒーの方になります。」「ご注文の方、以上でよろしかったですか?」

どの使い方か。

「それでは、私どもの方から説明させていただきます」(丁寧語慣用句。相手に対して自分を指す)
「総務省の方に勤めております。」(直接指すのを避けたい言い方)
「建築の方をやっております。」(広いジャンルの、その辺り)
「ところで、引越しの方はどうなったの?」(今までの話題に対して、もう一方の話題を指す)
「実家の方は大丈夫だった?」(現住所に対してもう一方を指す)
「実家の方じゃ、喫茶店にうどんがあるのは当たり前です。」(方面、周囲)

「雅彦さんは、お勤めの方は・・?」「は、総務省の方に勤めております。」という使い方はもともとあるのだ。。
「仕事は何やってるんですか?」と直接だといやらしいので、あやふやな言い方をする。
「総務省に勤めております」と直接的ではやや自慢気なので、婉曲表現にする。やや謙遜の色が出る。

「おあいそ」という言葉があるくらいで、支払いに関する話題はえげつないので、婉曲表現にするのは理解できるし、自分の店の商品や施設を謙遜気味にいうのも理解できる。

聞き慣れないからといって、間違った日本語とは限らない。

【 〜になります 】

「こちらコーヒーです。」のぶっきらぼうさを避ける日本語が無い。
かといって、「こちらコーヒーでございます。」は、ファミレスの格ではない。村西とおるみたいだ。
問題は店の格なのである。

高級レストラン  「お待たせ致しました。冷製カッペリーニ キャビア添えで御座います。」
ファミレス  「お待たせしました。ハンバーグセットお持ちしました。」
駅前の喫茶店  「お待たせしました(品説明なし)。」
焼き鳥屋  「あい、お待たせ。しろ、ぼんちりとエシャレットね。」

しかし「お待たせしました」も「お持ちしました」もテーブル到着時の挨拶だ。一つ一つの品の紹介には使えない。
しかしマニュアルには「品名を言え。」と、書いてある。

もし、軍人がファミレスの店員だったら、「こちらがハンバーグステーキであります!こちらがライス大盛りであります!」といって並べていくだろう。つまり「あります」ほど堅苦しくない日本語があればいいのだ。

「金壱万円なり。」→「お会計、1万250円になります。」→「こちら、コーヒーになります。」

わりと自然な誕生だと言える。むしろ作った人は、センスいいのではないか。謹んで辞書に載せるべきである。

【 1万円からお預かりします 】【 1万円からでよろしいですか? 】

「1万円から(ご利用金額を差し引くものとして)お預かりいたします。」
「1万円から(ご利用金額を差し引くという形)でよろしいですか?」

これはつまり小銭を出さなくてよろしいですか?という意味を「から」に含めているわけで、消費税導入後の日本にこの言葉が広がったのも、うなずける話。あまりに長いから省略してるだけで、間違った日本語ではない。

5月6日(金)

ちなみに、「独壇場」(どくだんじょう)は「独擅場」(どくせんじょう)の読み間違いをする人があまりに多いために、そのまま採用されてしまった言葉です。

壇だん擅せん

もうひとつ。「いやが応でも」は「否が応でも」で好むと好まないに関わらずの意。
「いやが上にも」は「弥が上にも」と書き、もともとあった傾向がさらに強まること。

< シリーズ 新明解ストレンジラボ >

【 以上でよろしかったですか? 】

語源は、マクドナルド商法にある。

元々マクドナルドで、注文完了後に、「ポテトもご一緒にいかがですか?」と、頼んでもいないものを薦めて気の弱い客に買わせる、押し売り商法が始まった。これが成功。しばらくの間、これを真似る店が増えたが、さすがにえげつない、との世論もあって、下火になった。
しかし、魂は残ったのである。

復誦しながら機械にメモ、そこからあらためて注文の読み上げ確認をする。一見、バイト君の注文ミスを無くすためだが、それだけで3重の確認は要らない。第一、ほとんどの客は聞いてない。むしろ、読み上げ中に客を苛立たせてマイナスだ。
読み上げの目的は、カウントダウン効果なのである。本当はケーキも食べたいなと、密かに思っていた女子が、このカウントダウンの間に、あ、ここで注文しなきゃ行ってしまう、と焦る効果。逆に、一度店員が去った後では、コーヒー頼むの忘れたと思っても、まあいっか、で終わってしまう可能性がある。そのようなロスを減らす効果だ。
そして最後に「ご注文、以上でよろしかったですか?」と問う。
実はこの意味は、「この品々でよかったのか?」ではなく、「この品数でよかったのか?」である。

関東でこの言葉が流行る相当前から、東海方面ではかなり使われている。
名古屋ではどんな店でも「よろしかったですか?」と言っていた。
そして日常会話でも「良かった?」(発音:弱強っ強?)というのが流行っていた。
これは、過去形ではなく、良かっ「たら」仮定形の「ら」抜き尻上げで発明した疑問形だ。
しかも、この言葉は否定的に使う。「寿司屋にサンダルだけど良かった?」「朝から髪ボサボサだけど良かった?」のように。
つまり「良くない」のを前提とした反語。
「良い?」に対する「良かった?」を設定して、疑問文から反語使用法を発明したわけだ。

こういう現代語例もある。「何で脱ぐかなー?(脱ぐなよ)」。「の」を省略することによって疑問文から反語の文を発明している。
つまり「良くなくない?(良くないよね)」以来、反語表現が好まれる風潮にある、という事。

その言い回しが関東に伝わってきて、現在浸透した。
したがって、「以上でよろしかったですか?」の訳は、
「これでいいんですか?(よくないですよね)」=「ポテトもいっしょにいかがですか?」となる。

5月5日(木)

GWの人ごみの中、横浜三越閉店の日。さよならバーゲンのおばちゃんの海と化していた。
夜中、さっそく破壊されるライオンに哀愁を禁じえない。

慶興にてU介と飲む。今日の焼きそば、また異常に旨い。

黄金町駅を降りたら、チョンの間街の一斉手入れがあってから、はや半年になろうというのに、毎日、今日もパトカーとお巡りがビッシリ張っていた。何故そこまでして。ちょっと異常さを感じずにおれん。問題児・神奈川県警、もっと他に税金の使い道があろーに。

「張っていた」といえば、リンクは「張る」のだろうか、「貼る」のだろうか。いつも悩むので、この際真面目に考えた。

*1* 「(繋がりの)糸を張る」、*2* 「(自動でジャンプする)切手を貼る」の両方とも使われているから難しい。

「掲示板にリンク張りました。」と書くと、自分のとこから掲示板にリンクした、もしくは相互にリンクした、を意味し、
「掲示板にリンク貼りました。」と書くと、掲示板に自分サイトへのリンクをつけた事になる。

「掲示板へリンク張りました。」、「掲示板のリンク貼りました。」、「相互リンク張りました。」、「お互いにリンク貼り合いました。」等の使い分けが正しい。

では、「掲示板へのリンクはりました。」、「お互いにリンクはりました。」ただ単に「リンクはりました。」はどうか。
これはもう、書いた人が、*1*、*2*のどちらを意図するかであって、時と場合による。

が、思うに、*1*の「リンクを張る」といった使い方は、英語本来の「Link」のまま使っているだけで、ネット専門用語ではない。
一方、*2*の「リンクを貼る」は、タグやバナーをホームページに貼る、という、それ専門用語だ。

例えば小説に、「秀雄と敏子はその晩、深く愛し合った。」と、書いてあれば、もちろん文字通り愛情も深めたんだろうけど、「セックスをした(しかもかなり)」事をあらわす。

従って、「そこのサイトと常に連絡を取り合うような、お付き合いをもちました」、という一般の意味と明確に区別するためにも、「リンク」というネット機能に関しては、特に*1*を意図しない場合は、「貼る」を使うべきである。そうに決まった。

5月4日(水)

画面のブラックアウト、かなり少なくはなったが、完全には治ってなかったで、しかし。

勢いで、canopusのTVチューナーボード1200HX同梱のTV録画ソフトFeatherの不具合も何とかしたい。

予約録画が終わった時、予約録画を途中で止めた時、さらに普通に動画ファイルを見てて終了した時、にも、たまに完全に終了せず、音は出っ放し、Featherは2度と起ち上がらなくなる、次の予約は実行されない、という悲惨なバグを抱えているんです。売るな、こんなもん。

ドライバ更新しましたが、結果はしばらくしないと分らない。

5月3日(火)

慶興で毛蟹食う。

メモ帳とWordPadがあまりにも使えないので、TeraPad使ってみたら、異常に優れもの。これがフリーソフトなんて。感謝の念に耐えません。

TVを観てなかったので、気が付いたらブロスが過去の番組表になっていた。ブロスの記事も昔ほど面白くないので番組表以外全く読んでなかったのだが、特集が「好きな男・嫌いな男2005」。ブロスもこんなことやってるんだと覗くと、

1位から、

堺雅人、高橋一生、大倉孝二、寺島進、佐々木蔵之介、
阿籐快、クドカン、成宮くん、ミッチー、大泉洋

だった。まさにブロス。

では私も久々に。

好きな男ベスト10

1 / 菅原文太
2 / 原田芳雄
3 / 石橋蓮司
4 / 岸田森
5 / 山田辰夫、
6 / 沢田研二
7 / 西田敏行
8 / 寺島進
9 / 高橋一生
10 / 香川照之

好きな女ベスト10

1 / 夏川結衣
2 / 寺島しのぶ
3 / 木村多江
4 / 長澤まさみ
5 / 酒井若菜、
6 / 夏目ナナ
7 / 大家由祐子(ビデオ呪怨2や座頭市に出てる人)
8 / 麻生久美子
9 / ケイト・ブランシェット
10 / 膳場貴子アナ

みなさんのベストテンも募集しています。

5月2日(月)

千葉真一出演で「アストロ球団」待ちに待ったドラマ化。
全20巻で試合がたったの3試合という、何もかも伝説漫画
テニス、バレー、野球ときたら次は何か。

「シコふんじゃった」から「がんばっていきまっしょい」「Shall We Dance?」「WATER BOYS」「ロボコン」のライトな新世代スポ根ブームに続き、「少林サッカー」から始まった「地獄甲子園」「アストロ球団」劇画スポ根ブーム。とうとう一周して、「エースをねらえ!」「アタックNo.1」と元に戻ってきたわけですが、次は「SWING GIRLS」によってリアル志向に時代が向かうと思います。ドラマより何より、本当にやってるのが凄い!ってやつです。キャラ優先でキャスティングしそうな「アストロ球団」も、野球経験者を中心にキャストを組んでいるようですが、明らかに「エースをねらえ!」よりも、多少「SWING GIRLS」に近づけたい、と思ってる証拠です。したがって、

「ブザービーター」
 主演:田伏勇太が角つけてコートを走りまくる。
「空手バカ一代」
 主演:髪長かったときの美濃輪育久(プロレスだけど)。
「グラップラー刃牙」
 主演:山本KID徳郁。 他にヒョードル、ミルコ、ノゲイラも出演。
「はっぽうやぶれ」
 主演:萩原聖人。 稗技指導:桜井章一。

このあたりがくさい。

一方、劇画スポ根派は、「リングにかけろ」をドラマ化、毎週CGでお茶の間にギャラクティカ・マグナムを炸裂させてくると思うが、視聴率の勝敗や如何に。

ちなみに「タイガー&ドラゴン」も毎回、西田敏行の落語があまりに上手い、という点で、リアルスポ根系です。

5月1日(日)

2003年6月に、この自作PC「真悟」を作ってだいぶ経つが、実はウィンドウを移動したりファイル表示をスクロールしたりする時に、画面が一瞬ブラックアウトする不具合があった。画面が映るとポインタの矢印が大小3つになってたりする。TVに映したデスクトップの方はブラックアウトしない事から、それがグラフィックボード(MSI FX5600 VTDR128、NVIDIA GeFORCE FX5600搭載)の不具合であるらしいことは判明していたが、ドライバを更新しても治らないので、ほったらかしていた。めんどくさがり屋なので。

しかし、webサイトのソースを覗き覗きしながら、なんちゃってスタイルシートを使ってホームページを作り出したら、旧ソフトが対応していないためWordPadで直書きしなければならなくなり、ブラウザ、WordPad、ファイルフォルダを沢山開き、頻繁にいじらなければいけなくなった為、ブラックアウトが急激に増加。

さすがにキレて不具合修正に着手。MSIのサイトに行って最新版のドライバ、2004.7.5更新のNVIDIA VGA Driver 61.21をインストールした。今のとこ治ったくさい。

昨日は結局慶興で竹ちゃんと飲む。何と、伊勢海老でパーっとやる。御飯に汁ごとかけて食らう。

慶興はゴールデンウィークも休まず営業中です。

 蒸し伊勢海老

 一昨日から新登場ギネス

HOME