サイバーネット
(1995年米・英合作)
イアン・ソフトリー監督 ジョニー・リー・ミラー アンジェリーナ・ジョリー
フィッシャー・スチーブンス ロレイン・ブラッコ

 

原題「HUCKER」。11歳の時にウィルスを流してFBIに捕まった天才少年ハッカー「クラッシュ」も今では18歳。Hなかわいこちゃんライバルハッカー「バーン」や仲間「シリアル」たちと恋にハックに大忙し。

ハリウッド辺りだと「サイバーネット」って映画撮るときに、国際的なスパイ事件や犯罪組織の陰謀を解決して核ミサイルの発射を阻止してしまったり、極悪犯罪者の意識をネットづたいにコピーされた人間が、町を恐怖に陥れたりしがちですが、この映画は話を広げ過ぎず敵を石油会社の横領ハッカーに留め、ドンパチやカーアクションなどよくある穴埋めシーンも出てこない。ネットの使い方は寺沢武一の「ゴクウ」に近い。ハッカーの日常的なFBIへの恐れも挿入し、東洋人のカリスマハッカーなんかも出てきて、ちゃんとサイバー映画になってる。ここ重要。緩む所無く話が進んでかなり面白い。

home